「レジリエンス☆こころのcare講座」のご案内

 

「レジリエンス☆こころのcare講座」のご案内

 

 

 

【開催地】 「レジリエンス☆こころのcare講座」は、表参道、四ツ谷、戸塚で開催しています。

 

合計12回にわたって、DVの様々な形態、トラウマに対するためのツール(対処法)、人との境界線、より良いコミュニケーションの方法、家族や自尊心などについて考え学ぶ講座です。女性として与えられたパワーを再確認しながら、新しい自分の姿を考えましょう。是非ご参加ください。

このような資料(PDFファイル)を使用しています。

※PDFを開く方法は下記をご参照ください。

 

KC_12_themes

 

途中回からの参加・1回のみ・遅刻・早退…OKです。

どの会場も講座予約不要(保育は要予約)です。

参加は女性限定とさせていただいています。

 

【参加費】【保育】

各会場の場所・時間にてご覧下さい。

*講座の日程は変更になる場合もあります。

無料メールマガジンにご登録いただくか、当webサイトにてご確認ください。

 

【こころのcare講座 テーマ】

 1.DV・トラウマを理解する

 2.「世間の枠」と私らしさ

 3.身体的暴力・性暴力

 4.精神的暴力・モラルハラスメント

 5.トラウマに対応するツール

 6.傷つきによる喪失とグリーフ

 7.境界線

 8.コミュニケーション

 9.パートナーシップ

10.Bさん(加害者)とは

11.育った環境・子どもへの暴力の影響

12.自尊心

 

講座では毎回、書き込み式のオリジナルのプリントを配布します。質問にひとつひとつ答えていくことで、自分のこころを整理したりより良く理解できるようになります。また、ものごとを別の視点から考えてみる良い機会でもあります。お配りするプリントは回収することはありませんので、自分の言葉で思いつくままに素直に書き進めて頂きます。投げかける質問には正解は用意されておらず、10人いれば10通りのことばがあるものと思いますので、自由にお答えください。

ファシリテーター:レジリエンス

 

【参加について】

・安全感を確保するため、参加は女性に限らせていただきます

・DVの経験やトラウマの有無を問いません。

・自己開示する必要はありません。

 

【参加にあたってのお願い】

・参加者同士としてお互いに尊重しあい、他の参加者の発言はオープンな気持ちで  聞きましょう。また、他の参加者への批判やアドバイスは避けてください。

・講座ではそれぞれの持つ感情などについて話をすることもありますが、各自の  経験については、基本的に自己開示しないように気をつけてください。

・また、自己開示があった場合を含めて、この講座の中で話されたプライベートな  情報や、参加者に関する事は外部で話さないようにお願いします。

・会場にお子さまをお連れいただくことはできません。

 

【お知らせ】

・テーマとして連続講座の設定となっていますが、必ずしも連続で受ける必要はありません。関心のあるテーマやご自分のスケジュールに合わせてご参加ください。

・テーマは半年、または1年ごとに繰り返し行われます。

・講座の内容は、必要に応じて更新されます。

 

※PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。ダウンロードは下のアイコンをクリックしてください。

acrobat_reader