【R】2015/9/27(日)~ 東京「身近な人が性暴力にあったら 私たちにできること」

【R】2015/9/27(日)~ 東京「身近な人が性暴力にあったら 私たちにできること」

 

暴力は人の生きる力を奪う重大な人権侵害です。DV、性暴力、虐待などさまざまなものがあり、これらが重なっていることもあります。暴力による傷は精神的なトラウマになることもあり、人生に大きな影響を与えます。

この連続講座では、DVや性暴力被害に遭った当事者のお話を伺い、「医療」「相談」「支援」など、さまざまな分野における具体的な取り組みについて学びます。新宿区は生活都市である一方、多くの人々が訪れ交流する賑わいのまちであり、多文化が共生しているまちです。暴力のない社会をつくるために、私たちにできることを考え、地域のネットワークをつくることをめざします。

 

第1回 「当事者の気持ちを理解する」

 

【日時】 2015年9月27日(日) 13:30-16:30

【講師】 中島幸子(NPO法人レジリエンス)

【場所】 新宿区立男女共同参画推進センター ウィズ新宿

【参加費】 500円(資料代)

【定員】 60名

【保育】 なし(1回目のみ)

 

【お申し込み方法】

≪1回目のみ≫

メールかFAXでお申し込みください。

8月15日(土)から受付開始。

「エセナ5新宿申し込み」と明記してください。

メール:j.misumi.rhn@tmd.ac.jp

FAX:03-5803-5357

 

【共催】エセナ5新宿、新宿区

【協力】公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会

 

 

【2回目以降の日程】

時間はすべて  13:30-16:30

 

第2回 10月17日(土)「相談窓口の役割を知る」湯浅範子さん(女性の家HELP ソーシャルワーカー 元婦人相談員)

第3回 11月21日(土)「性の商品化の中での暴力を考える」藤原志帆子さん(NPO法人人身取引被害者サポートセンターライトハウス)

第4回 2016年1月16日(土)「保健施設での医療対応」他 佐々木澄子さん(慈愛寮 看護師・助産師)他

第5回 2016年2月6日(土)「支援施設を知る」松浦薫さん(矯風会ステップハウス所長)他

 

参加費:2回目以降 無料

 

各回申し込み受付開始日から。

2回目 9月15日から

3回目 10月15日から

4回目 12月15日から

5回目 1月15日から

 

【第2回以降】電話かFAXでお申込みください。

「エセナ5新宿申し込み」と明記してください。

電話:03-3341-0801

FAX:03-3341-0740

 

保育:第2回以降あり 月齢6か月~就学前まで先着3名。

電話:03-3341-0801

各回申し込み受付開始日から10日前まで受付。

 

詳細はこちら:http://esena5.jimdo.com/