【他団体情報】2016/3/12(土)宮崎 「性虐待初期対応RIFCR(リフカー)研修」

【他団体情報】2016/3/12(土)宮崎 「性虐待初期対応RIFCR(リフカー)研修」

 

【性虐待初期対応RIFCR(リフカー)研修 】
~子ども虐待、特に性虐待への理解と初期対応被害が疑われる子どもへの聴き取り方を学ぶ~

 

虐待を受けたのではないかと思われる子どもから話を聴くことを大人はためらいがちです。しかし、被害の最大の“目撃者“である子どもから適切に話を聴くことは、子どもを虐待環境から救い出す上で、は絶対に欠かせないステップであり、通告義務者は特にそのスキルを身につけておくことが望まれます。
身体的にはほぼ症状のない性虐待の場合、とりわけ聞き取りが重要です。性虐待への対応を身につけることは、その他のあらゆる虐待・体罰・いじめ等の被害児からの聞き取りに有用となります。
詳細な調査(司法面接)の前段階の現場の我々が、最初の聴き取りの際、子どもたちから何をどのように聴くべきか、そのことを知ってもらうのがRIFCR研修です。

 

プログラムの内容

*オリエンテーション
*子どもは性虐待をどのように経験するのか
*虐待を打ち明けるプロセス
*性的発達
*日本の児童保護制度
*RIFCR(リフカー)プロトコル

 

【日時】 2016年3月12日(土)9:00-18:00

【講師】 NPO法人MCサポートセンターみっくみえ・NPO法人子どもの虐待防止ネット・にいがた

【場所】 南九州大学 宮崎県都城市立野町3764番地1

【参加費】 8,000円

【定員】40名

【対象】市町村の要保護児童対策調整機関関係者、 小・中高校の養護教諭、児童養護施設の職員、 保健師、保育士、小児科看護師など、 子どもに関わる保健・福祉・医療等の 専門職の方、警察、弁護士など

【保育】なし

 

【お申し込み方法・お問い合わせ先】 

問い合わせ先
NPO法人MCサポートセンターみっくみえ

 

【主催】 特定非営利活動法人MCサポートセンターみっくみえ 特定非営利活動法人子どもの虐待防止ネット・にいがた

【共催】 日本子どもの虐待防止民間ネットワーク

 

詳細はこちら:http://micmie.jp/