【他団体情報】2017/9/23(土) 広島「被害者の抱えるトラウマに寄り添う ~より効果的な支援をするために~」

【他団体情報】2017/9/23(土) 広島「被害者の抱えるトラウマに寄り添う ~より効果的な支援をするために~」

 

第60回 日本弁護士連合会 人権擁護大会 プレシンポジウム

 

性暴力、児童虐待、DV(ドメスティック・バイオレンス)等により、トラウマを抱えた被害者に対し、より充実した支援をしていくためのシンポジウムを開催いたします。基調講演として、オルガ・トゥルヒーヨ氏(米国弁護士・コンサルタント)をお招きし、トラウマを経験しメンタルヘルス問題を抱えている被害者の複雑なニーズについて伺います。パネルディスカッションでは、性被害ワンストップセンターに関する京都府・福岡県久留米の先進事例、広島県の現状も踏まえながら、支援のあり方について考えます。

 

【日時】 2017年9月23日(土) 13:00-17:25

【講師】 
 第一部 オルガ・トゥルヒーヨ氏(米国弁護士・コンサルタント)
  「基調講演 トラウマを抱えた被害者を支援するということ」
 第二部 パネルディスカッション
  パネリスト
   周藤由美子氏(京都ワンストップセンターSARA、フェミニスト・カウンセラー)
   石本宗子氏(社会福祉士、元久留米市男女平等推進センター相談コーディネーター)
   寺本佳代氏(弁護士・広島弁護士会)
   北仲千里氏(性被害ワンストップセンターひろしま)
  コーディネーター
   横山美栄子氏(広島大学ハラスメント相談室)

【場所】 広島弁護士会館3階大ホール (広島市中区上八丁堀2-73)

【参加費】 入場無料 予約不要

 

【お申込み方法・お問い合わせ先】 
広島弁護士会
TEL 082-228-0230(月~金 9:00~17:00)

 

【主催】 広島弁護士会

【共催】 日本弁護士連合会、中国地方弁護士会連合会、広島県社会福祉士会、公益財団法人 広島県男女共同参画財団

【後援】 広島県、広島市、広島県臨床心理士会

 

オルガ・トゥルヒーヨ氏(米国弁護士・コンサルタント)
オルガ・トゥルヒーヨさんは父親から母親への激しいDV(ドメスティック・バイオレンス)がある家庭で育ちました。本人も3歳ごろから父親からの身体的・精神的。性的虐待を受けながら生き抜いてきた一人です。現在では弁護士としての専門知識と被害当事者としての知見を活かし、児童虐待・DV・性暴力等への総合的アプローチを提案するコンサルタントとして活躍しています。