【他団体情報】2017/12/23・24(土日) 東京「DVを受けた女性のサポートGのファシリテーター研修」

【他団体情報】2017/12/23・24(土日) 東京「DVを受けた女性のサポートGのファシリテーター研修」

 

グループ支援は重要な社会資源です。
DVを受けた女性たちは孤立しがちです。グループでの支援は、同じような経験をした女性たちが語り合うことで、暴力を受けたのは自分だけではない、被害を受けた女性が悪いのではないこと、DVを生み出す社会的構造があることなどに、気づいていくためにとても効果的です。このようなグループ支援にはファシリテーション技術が不可欠です。
ファシリテーション技術を体系的、実践的に学ぶ場は限られています。この研修では、初めての参加者はもちろん、これまでの研修参加者にとっても新しい気づきがあり、グループ支援の有効性を体験できます。是非、共に学びましょう。これは概要のみですので、GEMのHPからリンクしてチラシ、申込用紙をごらんください。
http://gem-net.link/

 

【日時】 2017年12月23日・24日(土日)10:00~17:00

【講師】 吉浜美恵子ミシガン大社会福祉学大学院教授

【場所】 東京都港区立男女平等参画センターリーブラ

【参加費】 25,000円参加費・交通費助成あり(5千円)

【定員】 25名

【対象】 G支援に関わっている、関心がある人、相談機関の担 当者・管理者

【保育】 なし

 

【お申込み方法・お問い合わせ先】 
申込・問合せ:「受講申込書」(HPからリンク)に記入の上、下記の主催団体宛に、メール・FAX・ 郵送でお申込みください。
申 込 11月10日(金)第1次〆切
申込用紙は以下のGEMのHPからリンクしてお取りください。 http://gem-net.link/
E-mail : gemevent1789@gmail.com
TEL: 080-4599-9563  Fax: 03-3280-4981(問い合わせ)

 

【主催】 (特非)男女平等参画推進みなと (GEM))男女平等参画推進みなと (GEM)

【後援】 (特非)全国女性シェルターネット

【協力】 サポープG研究会、(特非)PV・プロジェクト

 

講師吉浜美恵子さんプロフィール
米国ミシガン大学社会福祉学大学院教授。カリフォルニア州UCLAにて社会福祉博士号および修士号取得。カリフォルニア州とミシガン州においてソーシャルワーカー免許を保持し、臨床経験も豊富。アクション・リサーチを通し、調査研究と市民(女性)運動の融合、政策提言や評価、援助プログラムの拡充に向けての調査研究、実践にたずさわる。日本においては、1992年、「夫(恋人)からの暴力」調査研究会を共同設立し、日本で初めてのDV全国調査を実施(調査結果は共著『新版ドメスティック・バイオレンス』有斐閣)。東日本大震災後、被災した女性たちとともにフォトボイスの手法を使ったグループワークを継続実践している。

 

※昨年の研修参加者の感想
・頭を使うだけでなく、体で感じることができた。
・ファシリテーションの技術や理論が凝縮された『基礎編』は、何度でも受講したいと思いました。
・間の取り方、バランス(全体の)、目的を見失わないなど、どのような支援の場でも生かせると思います。

 

詳しくはこちら http://gem-net.link/