【R】2017/02/12(月祝) 東京「第2回家族看護学研究セミナー:『家族間の暴力に看護師はどう関わるか』」

【R】2017/02/12(月祝) 東京「第2回家族看護学研究セミナー:『家族間の暴力に看護師はどう関わるか』」

 

「家族内の多重被害」に関する第一人者であるEdward先生(香港)のご講演やパネルディスカッションを通して、家族でおこる様々な暴力の実際や必要な家族支援に関して、皆さまとディスカッションを深められたらと考えています。

 

【日程・内容】 2018年2月12日(月祝) 13:00~16:10

【講師】 
●基調講演(13:10-14:30):
「家族間の暴力の予防:子どもと家族の多重被害」(通訳あり)
 Edward, Chan Ko Ling(香港理工大学応用社会学教授・GRNC特任教授)
●パネルディスカッション(14:40-16:00):
「児童虐待、パートナーからの暴力、高齢者虐待の現状と課題~必要な家族支援とは~」
 岸 恵美子 (東邦大学看護学部 教授)
 渡辺 雅子 (北里大学大学院医療系研究科 博士課程)
 西山さつき (NPO法人レジリエンス 副代表)

【場所】 東京大学本郷キャンパス鉄門記念講堂

【参加費】 家族看護学会会員:無料  非会員:2,000円

【お申込み方法・お問い合わせ先】 
お申込み方法:名前と所属、学会員の有無をご記入の上、 todaikazoku-jimu@umin.ac.jp (東大家族看護学事務)にお申し込みください。