【他団体情報】2018/5月~1年間程度 「-体験談募集- 性暴力の被害経験に関する調査 」

【他団体情報】2018/5月~1年間程度 「-体験談募集- 性暴力の被害経験に関する調査」

 

あなたの声を届けることで 被害当事者にとって 生きやすい社会を創りませんか。
性犯罪に関わる刑法の見直しに当事者の声を反映させるため性暴力にあった方々の声を集め、社会に伝えていく調査活動をしています。

 

【調査の目的】
自分が望まないのに性交された際、された側は「性暴力」と感じても、犯罪として認められないことが多々あります。「望まない性交」にあうとはどういうことか、何を「性暴力」とするべきか、人々の実体験や心情に寄り添って描き出し、社会に提言することが調査の目的です。

 

【参加方法は3ステップ】
1)ウェブサイトへアクセス
2)体験談を書き込む
3)インタビューに協力する
(ステップ1、2のみでもOK)

 

※ステップ3への参加者にはもれなく5,000円分クオカード贈呈。 ※ 性暴力被害当事者には女性が多いことから、今回の調査では参加対象者を女性(性自認が女性である方)に限らせて頂いています。 ※目白大学の倫理審査委員会の承認を得ています。

 

【日時】 2018年5月~1年間

【対象】 どんな方でもウェルカムです

【保育】 なし

 

【お申込み方法・お問い合わせ先】 
【アンケート ウェブサイト】
https://spring-research.webnode.jp/

 

【性暴力の被害経験に関する調査チーム】
私たちは一般社団法人Spring(性暴力被害当時者・支援者の会)、目白大学、 東京大学、横浜市立大学、清泉女学院大学、オックス フォード大学に所属する研究者の連合体です。
責任者連絡先:目白大学人間学部心理カウンセリング学科 齋藤梓 spring0research@gmail.com

【主催】 性暴力の被害経験に関する調査チーム

 

【どんな方でもウェルカムです】
Q:当時を思い出して辛くなったらと不安です。
A:インタビューでは話したいことを話し、話したくないことは話さなくてかまいません。 もし途中で気分が悪くなったら中止できます。

 

Q:インタビューは誰がするのですか?
A:インタビューは全て、トレーニングを受けた女性の心理士、看護師、精神科医が行います。

 

Q:性暴力かどうか分からないのですが・・・?
A:よく分からない体験でもぜひお話し下さい。この研究は、「望まない性交」の体験をうかがうものですので、ご自身が「性暴力」「被害」と考えることが難しくとも構いません。また「性暴力」「被害」と決めるまでには、気持ちが繰り返し揺れ動くことが一般的です。

 

Q:性暴力にあったことはないけど協力したい。
A:性や恋愛、結婚などに関する体験をお話しいただくことが、大きな貢献になります。

 

ご協力をどうかよろしくお願い申し上げます。

 

詳細はこちら:https://spring-research.webnode.jp/