【仙台2018】解離に苦しむ当事者を支援するための養成研修

【仙台2018】解離に苦しむ当事者を支援するための養成研修 

 

震災の被害やさまざまな暴力により、当事者は心身に大きな影響を受けます。トラウマの症状のなかでも、まだ良く知られていない解離について知り、解離に悩む当事者の日常生活の困難を理解し、当事者に説明や適切な対応をするための支援者養成研修です。
解離の症状について悩む当事者や周囲の人、支援者たちが症状を理解することは、 日常生活の混乱を減らして安全に生活する基盤を作っていくために役立ちます。
参加者は解離に関してわかりやすくまとめた冊子データをダウンロードしていただけます。

 

☆【東京2017】研修に参加された方の感想(抜粋)はこちらをご参照ください

 

【日時】 2018年11月17日(土)10:00~16:00

【場所】 仙台レインボーハウス 多目的ホール (仙台市地下鉄五橋駅から徒歩1分)

【講師】 中島幸子 西山さつき(NPO法人レジリエンス)

【定員】 40名(先着順、定員になり次第締め切り)

【対象】 被災地支援に携わる方、今後被災地支援を予定している方
 ※トラウマの症状が強い方はご遠慮下さい。( 前日の当事者向け講演にご参加下さい。)

【参加費】 1,000円(助成金事業により被災地特別価格) 当日会場でお支払ください

 

【主催】 NPO法人レジリエンス

【共催】 NPO法人ハーティ仙台 / mia forza

 

 

【お申込み方法】

このページ下部のフォームよりお申し込み下さい。

 

≪FAXでのお申し込みの場合≫ FAX:03-3408-4616

<お名前(ふりがな)><電話番号><FAX番号><メールアドレス><お住まいの都道府県名><所属>を明記し、件名を「仙台2018 解離研修 申込み」と記入の上、NPO法人レジリエンスまでお願いします。

 

【NPO法人レジリエンス】

 メール:kairi.sendai@resilience.jp・FAX 03-3408-4616

 (常駐スタッフがおりませんのでメールでのご連絡が一番早くて確実です)

 

※研修前日の金曜午後には、当事者の方向けの講演を行います。解離についての説明も一部含まれます。
「傷つき経験にともなう様々な困難を考えるin仙台」