【R】2018/10/6(土) 愛知「ドメスティック・バイオレンスと性暴力」

【R】2018/10/6(土) 愛知「ドメスティック・バイオレンスと性暴力」

 

性暴力は見知らぬ人からだけでなく、夫婦間や恋人間など、身近な関係性の中でも発生しています。そういった親密な関係性の中に潜む暴力(DV)や性暴力について学びます。
(本研修の受講でSAFER101を受講したとみなされます。)

 

【日時】 2018年10月6日(土) 14:00〜16:50 

【場所】 名古屋第二赤十字病院 地下鉄「八事日赤駅」すぐ

【講師】 中島幸子 西山さつき (NPO法人レジリエンス)

【定員】 40名(定員になり次第締め切り)

【対象】 どなたでも参加できます。

【参加費】 3,500円(消費税込み)

 

【お申込み方法】
女性と子どものライフケア研究所へメール、もしくはFAXにてお申込みください。
・氏名(ふりがな)
・住所
・連絡先
・E-mail
・勤務先
e-mail research@lifecarewc.org
FAX 050-3737-1215

 

【主催】  女性と子どものライフケア研究所

【協力】  NPO法人レジリエンス、日本福祉大学社会福祉総合研修センター

 

※SAFER101とは…
SAFERとはSexual Assault-Free Environment and Resilience(性暴力のない環境と一人ひとりの内なる力を信じて)の略で、性暴力被害者の何らかの支援をしている方たちにNPO法人レジリエンスが提供する研修プログラムです。
SAFER101とは性暴力に関する基礎講座(2時間程度の講座)で、将来、SAFERプログラムを受講する人にとっては、受講の前提条件となる研修です。
SAFERプログラムの詳細・スケジュールはSAFERホームページで確認してください。

 

※翌日には「トラウマを抱えた子ども・思春期の青少年を支援するためのファシリテーター養成研修」を行います。