【R】2018/10/7(日) 愛知「トラウマを抱えた子ども・思春期の青少年を支援するためのファシリテーター養成研修」

【R】2018/10/7(日) 愛知「トラウマを抱えた子ども・思春期の青少年を支援するためのファシリテーター養成研修」

 

子どもや思春期の青少年に関わる支援をされている方に役に立つ情報を1日にまとめた研修です。

 

トラウマの経験がある思春期の子にどうやって今までのこと、これからのことを伝えたらいいだろう?
子どもや思春期の子にどうやって性暴力のことを伝えたらいいだろう?もしも被害にあった時、どうすれば相談する勇気を持ってもらえるだろうか?
さまざまなトラウマ症状のなかでも、まだ良く知られていない解離。トラウマ体験の結果、そんなことがおこっているのです。

 

すぐに使えるパワーポイントデータ付き!

(1)傷つきを経験した思春期の青少年向けパワーポイント

(2)子どもと思春期青少年に伝える性暴力知識パワーポイント

 

【日時】 2018年10月7日(日) 9:30〜16:30 

【場所】 名古屋第二赤十字病院 地下鉄「八事日赤駅」すぐ

【講師】 中島幸子 西山さつき (NPO法人レジリエンス)

【定員】 50名(定員になり次第締め切り)

【対象】 子どもや思春期の青少年に関わる支援をされている方、学校関係者、養護教員、CAPファシリテーターの方など、子ども、思春期の青少年へのサポートに関心のある方はどなたでもご参加いただけます。

【参加費】 15,000円(資料代込み、税込み)

 

【お申込み方法】
女性と子どものライフケア研究所へメール、もしくはFAXにてお申込みください。
・氏名(ふりがな)
・住所
・連絡先
・E-mail
・勤務先
e-mail research@lifecarewc.org
FAX 050-3737-1215

 

【主催】  女性と子どものライフケア研究所

【協力】  NPO法人レジリエンス、日本福祉大学社会福祉総合研修センター

 

※臨床心理士ポイント申請予定

 

※前日の午後には講演会「ドメスティック・バイオレンスと性暴力」を行います。