【R】2019/1/11(金)埼玉県「DV・児童虐待が 子どもに及ぼす影響とは」

【R】2019/1/11(金)埼玉県「DV・児童虐待が 子どもに及ぼす影響とは」

 

昨今、児童虐待のニュースが後を絶たず、深刻な社会問題となっています。
また、児童虐待が起こっている家庭には、同時にDV(ドメスティックバイオレンス)の問題も起こっていることが多いということが知られています。
DVとは、親密な関係にある人からふるわれる様々な暴力や支配的な構造です。夫婦喧嘩や暴言などであっても、DVを目撃することは子どもへ大きなダメージを与えるため、児童虐待の中の「心理的虐待」として定義されています。
 児童虐待やDVを防止し、安心・安全な地域社会を守るため、DVや虐待が子どもへ及ぼす影響を知り、身近な支援の輪を広げましょう。

 

【日時】 2019年1月11日(金)10: 00~11:30 

【場所】 鶴ヶ島市役所 5階 504会議室

【講師】 西山さつき(NPO法人レジリエンス)

【定員】 60名(要申込)

【対象】 どなたでも

【参加費】無料

【保育】 保育の申込みは1/4(金)までにこども支援課へ

 

【お申込み方法】参加申込みは1/9(水)まで、保育の申込みは1/4(金)までにこども支援課へ。

(保育は市内在住の6か月以上未就学児まで)

【問い合わせ先】 鶴ヶ島市こども支援課
電話:049-271-1111(内線156)
FAX:049-271-1190

【主催】 鶴ヶ島市