‘19.11/4(月・祝) 【金沢】支援者研修「支援者にとって大切な視点を考える~サバイバーセンタードケアのあり方について~」

‘19.11/4(月・祝) 【金沢市】支援者研修「支援者にとって大切な視点を考える~サバイバーセンタードケアのあり方について~」

 

 NPO法人レジリエンスは、DVや性暴力、虐待、いじめ、パワハラなどの暴力と、その悪影響を減らすための情報や知識を社会に広める人権啓発活動をおこなっています。
 当事者を中心とした支援のあり方を米国視察ツアー、ファミリーバイオレンスの米国研修の報告から考えていく内容です。支援者、今後支援を予定している方、このテーマに関心のある方などどなたでもご参加いただけます。

 

【内容】
・米国オレゴン州スタディツアーから学ぶ支援の現場に必要なこと 
 視察施設:セーフプレイス(ファミリーバイオレンスのワンストップセンター)
       チルドレンセンター(性虐待を受けた子どもの司法面接を行う施設)
       ダギーセンター(全米遺児遺族のためのグリーフサポートセンター)
・傷つきによるグリーフと癒し
・二次受傷のサインとその対策

 

【日時】 2019年11月4日(月・祝)10:00~16:00

【場所】 石川県女性センター(石川県金沢市三社町1-44)2階 研修室1

【講師】 中島幸子 西山さつき (NPO法人レジリエンス)

【定員】 20名(先着順、定員になり次第締め切り)

【対象】 この問題に関心のある方どなたでも(性別問わず)

【資料代】 8,800円(税込み)

※振込先はお申し込み後にご連絡いたします。
なお、お振込みいただいた参加費は原則として返金できません。予めご了承ください。

 

【お申込み方法】
このページ下部のフォームよりお申し込み下さい。

 

≪FAXでのお申し込みの場合≫ FAX:03-3408-4616

・お名前(ふりがな)
・メールアドレス(FAXでお申し込みの方はFAX番号)
・お電話番号
・お住まいの都道府県
・所属

を明記のうえ、件名を「11/4金沢サバイバーセンタード研修 申込み」として、NPO法人レジリエンスまでメールもしくはFAXでお申込み下さい。

メール:hokuriku@resilience.jp
FAX: 03-3408-4616

(常駐スタッフがおりませんのでメールでのご連絡が一番早くて確実です)

 

※ ご注意ください
お申込みのメールをいただいた際、自動返信にて受付メールを送らせていただいておりますが、迷惑メールに振り分けられたり、携帯電話のアドレスの場合はブロックされて届かないことがございます。
@resilience.jpからのメールが届くよう設定をお願いいたします。
2日ほど経っても受付メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、見つからない場合は、再度その旨ご連絡をいただければ幸いです。

 

【主催】 NPO法人レジリエンス

【共催】 NPO法人ウィメンズ・エンパワーメント金沢プロジェクト
 
同じ研修を 9/21(土)札幌11/30(土)福岡2020年2/24(月・祝)東京(予定) でも行います。